鈴木武蔵のプレースタイル解説!最高のポテンシャルを持つ規格外FW!

鈴木武蔵のプレースタイル解説!最高のポテンシャルを持つ規格外FW!

ハーフに生まれ変わりたい男、づんづんです

今回は日本代表にも選出された鈴木武蔵について解説します

ツイッターでは最新記事を随時更新→@zunzunblog

鈴木武蔵とは?

プロフィール

フルネーム 鈴木武蔵(すずきむさし)

生年月日  1994年2月11日

身長 185cm

国籍 日本

所属 北海道コンサドーレ札幌

利き足 右足

出身校 桐生第一高等学校

クラブ遍歴 アルビレックス新潟(12~17)→【レンタル】水戸ホーリーホック(15)→【レンタル】松本山雅(17)→Vファーレン長崎(18)→北海道コンサドーレ札幌(19~)

鈴木武蔵は桐生第一高等学校卒業後、2012年に新潟でプロデビュー

高い身体能力を期待されるも新潟で約5年間プレーしてリーグ戦3ゴールが最多となるなど苦しい結果に

レンタル先でも今一つだったところ、2018年にJ1に昇格した長崎へと移籍し才能が開花

自身初の2桁ゴールを決めチームの中核を担います

長崎移籍時のコメント↓

づんづん
づんづん
熱くていいね!

今シーズンからはプレーの場を札幌に移すと開幕3戦3ゴールと好調ぶりを見せ代表にも選出(その時は辞退)

札幌ではペトロヴィッチ監督の下、主にSTでプレーしていますね

づんづん
づんづん
長崎の親会社であるジャパネット高田の社長モノマネが普通に上手い

鈴木武蔵のプレースタイルは?

鈴木武蔵は驚異的な身体能力が特徴のFW

右、真ん中、左と前線ならどのポジションでもプレー経験があり、様々な戦術に答えられる選手です

最大の長所はそのスピード

トップスピードに乗るまでがとにかく早くて、長いストライドを活かしながら一気に前線へ駆け上がります

DFの死角を取る意識が強いですし、カウンターの時なんかはスペースを見つけて走りこむまでの判断も速いですからより良さが活きていますね

さらに札幌に移籍してからは逆足の精度も上がってきた印象

このシーンなんかは、相手DFとGKが右足を警戒しているからこそ生まれたコースに左足でゴールを決めています

上背もあり、空中戦でも脅威となるため得点の幅も広いです

弱点を挙げるなら同サイドの味方がボールを持った時、PA中へ入ろうとする意識が強すぎることですかね

ジェイ復帰後の札幌で鈴木は3-4-3の右FWを務めることが多いんですが右WBの選手がボールを持ったらクロスに反応しようとPA内に入っていっちゃうんです

ただ相手DFは基本的にSBとSHの2名がいるわけですから孤立してしまってクロスも上げれず、という展開が多くて…

これはチームで決めていることかもしれないので、一概に鈴木の動きが悪いとは言えませんが裏へのフリーランで相手DFをひきつける動きも必要かなと思います

プレー動画はこちら

鈴木武蔵の解説まとめ

鈴木武蔵の解説は以上です

鈴木武蔵ってかっこいいですよね

なんか、今どきというかEXILE系のグループにいそうな感じ

あ、関口メンディーに引っ張られてるだけか

ツイッターでは最新記事を随時更新→@zunzunblog

[写真引用元]=Getty Images