日本人歴代最高センターバック10選!最強のディフェンダーは!?

日本人歴代最高センターバック10選!最強のディフェンダーは!?

ヘディングしたら一発で脳震盪の男、づんづんです

今回は日本人で最高のセンターバックは誰なのか?

僕の独断と偏見で歴代最強だと思う選手を10名紹介します

ツイッターでは最新記事を随時更新→@zunzunblog

柱谷哲二

生年月日 1964年7月15日

現役期間 87~98

代表戦 72試合6ゴール

主将として日本サッカー黎明期を戦い抜いた選手

的確なカバーリングと鋭い読みで守備の要として活躍

チームを激しく鼓舞する姿から闘将と呼ばれました

当時スター軍団だった東京ヴェルディもキャプテンとしてまとめ上げたリーダーシップに優れた選手でしたね

井原正巳

生年月日 1967年9月18日

現役期間 90~02

代表戦 122試合5ゴール

アジアの壁と呼ばれ、ドーハの悲劇もジョホールバルの奇跡も経験した苦労人

冷静沈着に涼しい顔しながら、えぐめのプレスで刈り取るのが特徴的

5年連続でJリーグベストイレブンに選ばれ、アジア最優秀選手賞も受賞するなど実績も十分

代表キャップ122は遠藤保仁に抜かれるまで長らく歴代1位の記録でした

づんづん
づんづん
監督としてアビスパを久々にJ1に導いてくれた恩人

秋田豊

生年月日 1970年8月6日

現役期間 93~07

代表戦 44試合4ゴール

長らく鹿島のディフェンスリーダーとして活躍した空中戦めちゃつよヘディングマン

こういう長所が分かりやすい選手好きなんですよね

フランスW杯では先述した井原正巳と共にセンターバックでコンビを組み出場

日韓ワールドカップでは試合には出ずとも精神的な面でチームに必要としてサプライズ招集されたことでも話題になりました

宮本恒靖

生年月日 1977年2月7日

現役期間 95~11

代表戦 71試合3ゴール

2000年代の日本代表を支えた通称ツネ様

頭脳派でキャプテンシーに優れたセンターバックでした

日韓W杯ではフェイスガードを着用してプレーしたりドイツW杯で中田と揉めたとか噂があったり何かと話題になる選手でもありましたね

現在はガンバ大阪で監督を務めています

てかこの写真モデル級にカッコいいな

づんづん
づんづん
監督としての采配は疑問の声が多い気がするけど…

中田浩二

生年月日  1979年7月9日

現役期間 98~14

代表戦 57試合2ゴール

左利きのセンターバックとして地位を確立した技巧派

ボランチやサイドバックで出場することも多々ありましたね

日韓W杯でトルシエ監督が提唱したフラット3の一角として活躍し注目を集めると、当時の日本人センターバックとしては珍しく海外移籍も果たすなどプレーの場を広げていきました

現代に生まれていても活躍できそうな時代を先取りしたタイプの選手でした