ロベルトフィルミーノは何が凄いのか?プレースタイル徹底解説!

ロベルトフィルミーノは何が凄いのか?プレースタイル徹底解説!

フィルミーノが髪形変えたら、ん?となる男、づんづんです

今回はフィルミーノについて解説します

ツイッターでは最新記事を随時更新→@zunzunblog

ロベルトフィルミーノとは?

プロフィール

生年月日  1991年10月2日

身長 180cm

国籍 ブラジル

所属 リヴァプール

利き足 右足

クラブ遍歴 ブラジル:フィゲイレンセ(09~10)→ブンデス:ホッフェンハイム(10~15)→プレミア:リヴァプール (15~)

フィルミーノはブラジルのアラゴアス州出身のプレイヤー

ドイツで名を上げた後の2015年に、約57億円の移籍金でリヴァプールへと加入し現在ではサラー、マネという快速ウィンガー2名を支える重要な存在となっています

サラーの解説記事はこちら→【何が凄いの?】モハメドサラーのプレースタイル徹底解説!

マネの解説記事はこちら→【何が凄いの?】サディオマネのプレースタイル徹底解説!

フィルミーノってイマイチどんな選手か分かりにくいんだよねー
づん子
づん子
づんづん
づんづん
派手なプレーがあるわけじゃないもんね、でもフィルミーノの凄さを分かってたらドヤれるかもよ
てかブラジル代表って印象もあんまりないなー
づん子
づん子
づんづん
づんづん
代表でも徹底的に黒子役だからね。そのあたりも踏まえて解説していくね

・ブラジル出身

・キャラ薄め

・でもずっとスタメン

ロベルトフィルミーノのプレースタイルは?

フィルミーノはまさに偽9番と呼ぶのに相応しいプレイヤーです

偽9番って何?
づん子
づん子
づんづん
づんづん
本来ならCFの選手が中盤やサイドに下りていって味方にスペースを作る動きのこと!

フィルミーノはとにかくこの偽9番の動きが上手くて、味方の位置を確認しながら的確な位置にポジショニングしパスコースやスペースを生み出すんですよね

例えばこの動画の場面

右サイドのアーノルド(66番)にボールが渡った時に一番近くまで来てボール受けようとしているのがフィルミーノです

彼があそこまで下りることで相手ボランチが釣り出されるためバイタルエリアが空きます

それをケイタ(パスの受け手)も分かっているのでフィルミーノが下りていくと同時にボランチの背後(バイタルエリア)にポジショニングしていきます

結局この場面ではそのままケイタがボールを運びゴールまで完結させました

このようにフィルミーノはボールに触れなくてもチャンスの起点を生み出すことができる選手なんです

ボールに触らなくてもチームに貢献できるものなんだねー
づん子
づん子
づんづん
づんづん
むしろサッカーはボールに触って無い時間の方が長いからね。その間にどれだけ頭を使ってプレーできるかが大事!

その一方で決定力も兼ね備えておりリヴァプールに加入した15-16シーズンから4年連続で2桁得点を記録しています

https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1042345248888954880

づんづん
づんづん
個人技も凄いからもうホント文句の付けどころがない

これに加えてこの男は守備もやりよりますからね

マジで欠点がないです

そして僕が一番凄いと思うポイントがブラジル代表でも似たような役割を完璧にこなせているという点です

クラブでは輝いてても代表では微妙(逆も然り)という選手はかなり多いんですがフィルミーノは代表でも黒子役となり起用され続けています

先日のコパアメリカでは主にジェズスと連動しながらスペースを上手く活用していました

チームが変わっても活躍できるというのは頭を使って賢くプレーしているという裏付けでもありますよね

痺れるっす!

・最高の偽9番!

・痺れる!

・でもあんまり注目されない

まとめ

フィルミーノの解説は以上です

もっと評価が高くても良い選手なんですけどねー

中々注目されないという…

友達とかとサッカーの話しててフィルミーノのこと褒めてたらおっ!ってなりますもんね

悪く言えば地味

良く言えば玄人好み

そんな選手ですね

ツイッターでは最新記事を随時更新→@zunzunblog

[写真引用元]=Getty Images