古橋亨梧プレースタイル解説!代表に食い込むための改善点

古橋亨梧プレースタイル解説!代表に食い込むための改善点

イニエスタのパスを一度でいいから受けてみたい男、づんづんです

今回はヴィッセル神戸所属の古橋亨梧について解説します

ツイッターでは最新記事を随時更新→@zunzunblog

古橋亨梧とは?

プロフィール

フルネーム 古橋亨梧(ふるはしきょうご)

生年月日 1995年1月20日

身長 170cm

国籍 日本

出身地 奈良県生駒市

所属 ヴィッセル神戸

利き足 右足

出身校 興國高校(大阪)→中央大学(東京)

クラブ遍歴 FC岐阜(17~18)→ヴィッセル神戸(18~)

古橋亨梧は大学4年時、FC岐阜に内定が決まり2017年にプロデビュー

ルーキーながら開幕から全試合スタメンで起用され、2年目の2018シーズンには5月度月間MVPを受賞する活躍

同年8月にヴィッセル神戸から声がかかり古橋自身もJ1でのプレーを望んでいたことから移籍が実現

神戸では今シーズンチーム内2位となる8ゴール、チーム内1位の6アシストを記録しており代表入りを望む声も上がるなど順調なシーズンを送っています

づんづん
づんづん
ちなみに古橋亨梧は芸名みたいなもので本名は古橋匡梧らしいよ

匡だと中の王が左から逃げちゃって縁起が悪いからだそうです

うーむ…分からん…

・FC岐阜出身

・得点も、アシストも数字を残してる

・たまに本名と違う人いるよね

古橋亨梧のプレースタイルは?

古橋亨梧は積極的な裏への抜け出しが魅力のFWです

岡崎なんかと似ているタイプかもしれません

守備も献身的に行いますし、前線でディフェンスの間にポジションを取りながらチャンスがあればどんどん走りこんでいきます

この時にパスの出し手とタイミングを合わせるのが上手くて、アンカーのサンペールやイニエスタなんかがボールを持って顔を上げたのを見計らって抜け出して行くんです

ただ闇雲に動き回るのではなく、ゴールから逆算して動けていることが分かります

こちらの動画だと分かりやすいかも

課題を挙げるとすれば決定力でしょうか

これは印象論ではなく数字として表れており、古橋は今シーズンここまで(9/10時点)8ゴールを記録していますが決定率は14.3%

既に2桁得点を記録している日本人選手と比べても、小林悠15.4 %(川崎)、興梠(浦和)29.4 % オナイウ阿道(大分)27.0 %と開きがあるのが分かると思います

これから日本代表に食い込み、海外移籍も視野に入れるのであればここは改善したいポイントですね

・積極的な裏への抜け出し

・課題は決定力

・2トップ起用がベストな気がする

古橋亨梧解説まとめ

古橋亨梧の解説は以上です

今シーズン自身初の2桁得点が見えてきた古橋ですけど、やっぱりイニエスタやらビジャやら世界トップの選手とプレーすると学びも多いんですかね

我がアビスパの石津もヴィッセルに残れてればイニエスタとプレーできてたのになあ…

ツイッターでは最新記事を随時更新→@zunzunblog

[写真引用元]=Getty Images