グリーズマンのプレースタイル特徴!バルセロナでは活躍する?

グリーズマンのプレースタイル特徴!バルセロナでは活躍する?

こんにちは、自分の声を動画で聞くと悲しくなる男、づんづんです

今回はバルセロナへの移籍がようやく発表されたグリーズマンについて解説します

ツイッターでは記事情報を更新中→@zunzunblog

グリーズマンとは?

プロフィール

生年月日  1991年3月21日

身長 176cm

国籍 フランス

所属 バルセロナ

利き足 左足

グリーズマンはレアルソシエダ下部組織出身のプレイヤー

2009年にトップデビューを果たしデビューから1月とたたないうちに初得点を挙げるとそこからレギュラーとして活躍

5シーズンに渡ってソシエダでプレーした後2014年夏に複数クラブ争奪戦をアトレティコマドリードが勝利し完全移籍

アトレティコではシメオネ式の守備への適応にやや苦労するものの移籍1年目から25ゴールを叩き出しチームの中心選手になると2016年のチャンピオンズリーグではチームの原動力となりファイナル進出に大きく貢献

フランス代表でも2016EURO準優勝、2018ワールドカップ優勝と結果を残し続け欠かせない存在になっています

2019年5月にチームを退団することを発表しそこから約2カ月間様々な噂が囁かれましたが7月12日にようやくバルセロナへの完全移籍が発表

移籍金は約146億円だそうです

えげつねえ

・レアルソシエダ出身

・アトレティコの顔

・バルサ移籍もたつきすぎ

グリーズマンのプレースタイルは?

グリーズマンはスピードが最大の武器のアタッカーです

2トップでも両サイドに置かれても遜色なく力を発揮してくれる選手ですね

裏への飛び出しは世界トップクラスに上手いです

スピードもさることながら味方がパスを出せるタイミングと相手ディフェンスの死角を付けるタイミングを探りながら絶妙のタイミングで飛び出していく賢さも備えています

さらにキックの精度も高くプレースキッカーを務めることもしばしば

そしてエースとは思えないほどの献身性も無視できないポイントです

これはアトレティコだからこそ培われたものだと思いますが自身がボールを失った際はすぐさま取り返しにスプリントしますし前線からのプレスも怠りません

正直身長が低めということくらいしか欠点がない気がします(ただヘディングもうまし)

・スピード抜群

・裏抜け抜群

・髪形変わりすぎ

バルセロナでの起用法は?

公然の秘密となっていたバルセロナへの移籍がようやく発表されましたが起用法はどうなるのか

前線のメッシ、スアレスは外せませんから恐らくサイドでの起用となると思います

グリーズマンの場合両サイドで起用できますのでこんな感じかなと

ただ押し込む形の多いバルセロナでは右サイドで起用した方がグリーズマンの左足を活かしやすいので右サイドの方が可能性ある気がします

守備に関しても献身的に動きますからデンベレより序列は上になりそうですよね

左サイドに関してはコウチーニョの去就が定かではありませんが残留した場合グリーズマンを第一選択肢にすることは考えにくいです

もう1つの気になる点がアトレティコでいわば主役だったグリーズマンがメッシ、スアレス達にフィットできるかという点ですがそこはあまり心配していません

というのもフランス代表でグリーズマンは黒子とまではいきませんがムバッペが守備免除となっていた中でも献身的に働き攻撃面でも輝きを放っていましたから

自分が中心に置かれなくてもしっかりとプレーできる選手ということですね

むしろ走り回っていた方がリズムが出てくるタイプなのかもしれません

まとめ

ようやく移籍が決まったグリーズマン

ここからキャリア最盛期を迎えることを期待しています

ツイッターでは記事情報を更新中→@zunzunblog

[写真引用元]=Getty Images