ロバートソンのプレースタイル解説!4部リーグから這い上がった苦労人

ロバートソンのプレースタイル解説!4部リーグから這い上がった苦労人

25歳で苦労人とつけるのは早いかなと心配になってる男、づんづんです

今回はリヴァプールのアンドリュー・ロバートソン(25歳)について解説します

ツイッターでは最新記事を随時更新→@zunzunblog

ロバートソンとは?

プロフィール

フルネーム アンドリュー・ロバートソン

生年月日  1994年3月11日

身長 178cm

国籍 イギリス(スコットランド)

出身地 スコットランド・グラスゴー

所属 リヴァプール

利き足 左足

クラブ遍歴 スコットランド:クイーンズパーク(12~13)→スコットランド:ダンディーユナイテッド(13~14)→プレミア:ハルシティ(14~17)→プレミア:リヴァプール(17~)

ロバートソンはスコットランドの当時4部リーグに所属していたクイーンズパークでプロデビュー

づんづん
づんづん
当時はスーパーのレジ打ちやって生計を立ててたらしいよ

そこでの活躍が目に留まりスコットランドトップリーグのダンディー・ユナイテッドへ移籍

本人は飛び級での昇格となったものの、年間最優秀若手選手と年間ベストイレブンに選出されるなど主力として大活躍

2014年7月29日にプレミアリーグ、ハルシティへと移籍すると、初の5大リーグ挑戦にも関わらずクラブの8月の月間最優秀選手を受賞するなどすぐさまチームにフィット

その後も主力としてプレーし続けた後の2017年7月21日にリヴァプールへと移籍金約移籍金800万ポンド(安い!)で加入

出場機会を確保するまでやや苦しんだものの、チームメイトのケガなどで回ってきた少ないチャンスを掴み取り1年でレギュラーの座を確保

18-19シーズンのCL制覇にも大きく貢献し、若いながらスコットランド代表のキャプテンも務めるなど注目のサイドバックです

づんづん
づんづん
代表の主将もやってCLもとるよってレジ打ちしてるロバートソンに言ったら信じるのかな

・スコットランド出身

・25歳で代表キャプテン

・レジ打ちやってるのはなんか想像できる

ロバートソンのプレースタイルは?

ロバートソンは左サイドバックが主戦場のプレイヤー

まず攻撃面について触れると、オーバーラップのタイミングの良さが魅力ですね

フォワードが少し内に入った瞬間や、逆サイドにボールがある時でも隙を見つけてタイミングよくサイドを駆け抜けていきます

クロスに関しても、チームメイトにアレクサンダーアーノルドがいるので忘れられがちですが精度の高いボールを蹴っていますし、アーノルドよりもマイナスなんかに位置取るフリーの味方を見つける視野に優れていると思います

づんづん
づんづん
ざっくり分けるなら精度のアーノルド、視野のロバートソンって感じ

守備面においてはチェックの素早さが印象的です

しっかり相手の背中へと前を向かせないようにプレッシャーをかけて攻撃を遅らせますし、カバーリングの範囲、意識も高いですね

ただヘディングは苦手なのか、クリアする際に危険な位置にボールを落としてしまうシーンが気になります

しっかりクリアできなかったり、味方に繋げないとピンチの場面が続くことになってしまうので改善してほしいポイントです

・オーバーラップ👍

・クロスも👍

・クリアあかん

ロバートソンのプレー動画はこちら(アーノルドといっしょ)

ロバートソンの解説まとめ

ロバートソンの解説は以上です

正直ロバートソンがリヴァプールに来た時はレギュラーバリバリの選手になるとは思わんかったなあ

クロップってやっぱ育てる力ありますよね

ツイッターでは最新記事を随時更新→@zunzunblog

[写真引用元]=Getty Images