海外サッカー注目若手センターバックランキングTOP10!

海外サッカー注目若手センターバックランキングTOP10!

今回はこれからのサッカー界を担っていくであろう若手センターバックのプレイヤーを紹介していく

若手センターバックランキング

まずランキングを発表する前に選考基準についてはっきりさせておきたいのだが一口に若手といっても捉えようは人様々だろう

24歳あたりまでを若手と考える人もいれば十代のみを若手と考えている人もいる

そこで今回はこの記事を作成している2018年8月9日現在で24歳を迎えていないプレイヤーという区切りを設けて選考していきたいと思う

また選手の能力に基づく順位付けは僕の独断と偏見のためご理解いただきたい

それでは発表していこう

10位 植田直通

クラブ サークルブルッヘ

身長 186㎝

体重 80㎏

年齢 23歳

国籍 日本

利き足 右

こういったランキングを作成する際どうしても一人くらいは日本人を入れたくなってしまうのだが今回の場合は植田で間違いないと思う

ロシアW杯本戦出場はなかったもののコンスタントに代表に選出され続け鹿島でもレギュラーポジションを確立し今夏ベルギーへ移籍

武闘派と呼ばれるプレースタイルな一方で精彩に欠けるプレーもしばしば

かつてVVVフェンロからプレミアへとステップアップを果たした吉田のように成長することができるのか期待がかかる

植田の詳細記事はこちら→植田直通のプレースタイル解説!テコンドーの日本一経験者!?

9位 冨安健洋

クラブ シント=トロイデン

身長 188㎝

体重 78㎏

年齢 19歳

国籍 日本

利き足 右

日本人を1名と先述したが今回はこのプレイヤーも入れておきたい

今夏、元浦和レッズの遠藤航が移籍したベルギー1部のシント=トロイデンで今年の頭からプレーしていた冨安健洋だ

J2の福岡出身で知名度は植田に劣るものの現在リーグ戦2試合連続フル出場しており監督の信頼を掴みつつある

華奢だが188㎝と長身で冷静な判断力を備えている選手

センターバックの他にアンカーやボランチでプレーするケースもある

まだ19歳という若さも魅力の一つ

まずは東京オリンピックでの活躍が見たいところだ

冨安健洋の詳細記事はこちら→冨安健洋のプレースタイル!代表入りするための1つの課題

8位 ヘスス・バジェホ

クラブ レアルマドリード

身長 184㎝

体重 79㎏

年齢 21歳

国籍 スペイン

利き足 右

レアルサラゴサやフランクフルトへのレンタルを経て現在はレアルのトップチームに所属しているバジェホ

ペペの跡を継ぎ背番号3をつけていることからクラブの期待度の高さが見て取れる

セルヒオラモスとヴァランという巨大な壁が彼の前には立ちはだかっているがクラブが彼を将来的に主力として見据えているのは間違いないだろう

トップチームでの出場数も増加傾向にありこれからの成長が楽しみなプレイヤーだ

7位 クルト・ズマ

クラブ チェルシー

身長 190㎝

体重 90㎏

年齢 23歳

国籍 フランス

利き足 右

昨シーズンはクリスタルパレスにてローン移籍でプレーしていたズマ

チェルシー時代も若いながら落ち着いたプレーを見せていたが強烈な先輩プレイヤーたちに一歩遅れを取っていた印象がある

靭帯損傷という大怪我もチェルシーでのキャリアアップを阻害することに影響したのだろう

現状ではチェルシーに復帰しているがマンUやエバートンが獲得を目指しているとも報じられている

これからのズマの去就に注目だ

6位 ナタン・アケ

クラブ ボーンマス

身長 180㎝

体重 73㎏

年齢 23歳

国籍 オランダ

利き足 左

こちらも元チェルシーの有望プレイヤー

左利きでポリバレント性が高く戦術理解力に長けた選手だ

一方で身体能力はワールドクラスのレベルと比べるとやや劣るか

しかしこれからのパフォーマンス次第でビッククラブ返り咲きも可能だろう

ナタンアケの詳細記事はこちら→ナタンアケのプレースタイル!強豪クラブに返り咲くための1つの方法

5位 ロブ・ホールディング

クラブ レアルマドリード

身長 180㎝

体重 75㎏

年齢 22歳

国籍 イングランド

利き足 右

2016年にアーセナルに加入したホールディングは今年の5月に新契約を結んだばかり

クラブから信用されていることはわかるがガナーズサポーターの方なら彼の精彩を欠くプレーに頭を悩ませたことだろう

若さという言葉だけでは言い訳が利かないほどにミスを頻発していた

もちろんアーセナルとしては将来性のある彼を育てていくつもりだとは思うが今シーズンはドルトムントからソクラティスも加入しより競争が激化している

新監督の信頼を掴むことができるかが出場機会確保のポイントとなりそうだ

4位 アレッシオ・ロマニョーリ

クラブ ACミラン

身長 188㎝

体重 78㎏

年齢 23歳

国籍 イタリア

利き足 左

先日ミランとの契約延長を発表したロマニョーリ

ミランでの出場数も100試合を超え23歳にして守備の要となっている

ボヌッチがユベントスに復帰することでより彼が担う期待は大きなものになるだろう

プレースタイルとしては左利きの万能型というイメージ

世代交代必至のイタリア代表においても重要なキーマンとなっていくだろう

3位 ヨナタン・ター

クラブ レヴァークーゼン

身長 192㎝

体重 92㎏

年齢 22歳

国籍 ドイツ

利き足 右

レヴァークーゼンで着実にキャリアを重ねているター

この選手も今年3月に契約延長をしておりしばらくは同クラブでプレーし続けることだろう

194㎝という巨体を活かした空中戦、競り合いの強さが持ち味

ドイツ代表でも常連となるべき存在だ

ヨナタン・ターの詳細記事はこちら→ヨナタン・ターのプレースタイルとドイツ代表や移籍の可能性

2位 ホセ・ヒメネス

クラブ アトレティコマドリード

身長 185㎝

体重 80㎏

年齢 23歳

国籍 ウルグアイ

利き足 右

2013年にアトレティコに加入したヒメネス

この選手も今年の6月に契約延長をしておりクラブが彼においている信頼がうかがえる

まさにアトレティコらしい質実剛健といったプレーが持ち味

同じウルグアイ代表としてロシアW杯でもコンビを組んだゴディンの後釜は彼しかいない

1位 ニコラス・ズーレ

クラブ バイエルンミュンヘン

身長 195㎝

体重 89㎏

年齢 22歳

国籍 ドイツ

利き足 右

昨年の夏にバイエルンに加入しジェロームボアテング、マッツフンメルスという強力なタレントが揃っている中で公式戦44試合に出場した末恐ろしいプレイヤーだ

その影響もありボアテングは移籍するのではないかと言われているほど

空中戦、対人、キック精度どれを取ってもピカイチでまさにドイツ人らしい隙の無いセンターバックと言える

代表でもボアテング、フンメルスコンビの間に割って入っておりロシアW杯で失墜したドイツの未来を支える存在だ

まとめ

いかがだっただろうか

上記で紹介した以外にも若くて将来有望なプレイヤーは数多くいる

サッカー界の将来を担う彼らの将来に期待しよう

筆者のツイッターはこちら→づんづんのツイッターアカウント

[写真引用元]=Getty Images