テアシュテーゲンのプレースタイル!ブラボを退団させた2つの言葉!!

テアシュテーゲンのプレースタイル!ブラボを退団させた2つの言葉!!

こんにちは、づんづんです

今回はバルセロナの守護神!テアシュテーゲンについて解説します!

テアシュテーゲンとは?

  プロフィール

  • 年齢 25歳
  • 身長 187㎝
  • 体重 85㎏
  • 国籍 ドイツ
  • 所属 FCバルセロナ
  • 利き足 右足

テアシュテーゲンは2009年にメンヒェングラートバッハの下部組織からトップチームに昇格

11-12シーズンから正GKの座を掴み取りチームのチャンピオンズリーグ出場権獲得に貢献しました

その後も2シーズンに渡ってメンヒェングラートバッハのゴールを守り抜きかなり高い評価を受け2014年5月にFCバルセロナへの移籍が発表されました

移籍金は1200万ユーロ(約14億円)

バルセロナではカップ戦要員として2年連続20試合出場を続けていましたが昨夏にブラボが退団したことにより今シーズンから正GKを務めています

テアシュテーゲンのプレースタイルは?

テアシュテーゲンは足元の技術にすぐれた現代型のGKです

ビルドアップに参加できパスを繋げられるGKなのですが正直パスの判断はあまり良くないです

まだ若い選手なので経験値の問題なのか…はたまた技術に自信があって厳しいコースでも通せる!と思ってしまうのか…

真相は分かりませんがどちらにせよフリーの選手ではなくマークがついてる選手にパスを出すシーンが目立ちます

シュートストップに関してはギリギリまで動かず鋭い反応でボールを止めています

特にクラシコやチャンピオンズリーグなど大舞台で活躍する印象がありますね

一方で普段のリーグ戦ではボールが来るギリギリまで止まっているためシュートコースの絞りが少なく相手チームが弱いほど反応速度が落ちている気もします

大舞台では極限の集中力を発揮するもののそれをシーズン通して見せることはできないようです

づんづんの考えるテアシュテーゲンの能力グラフ

テアシュテーゲンのプレー動画はこちら!

ブラボからポジションを奪い取った!?

前述したようにテアシュテーゲンはブラボがマンチェスターシティに移籍したことで正GKを掴み取りましたがそこにはテアシュテーゲンの発言が関係しているようです

テアシュテーゲンは昨年の3月に「僕は次のステップに進みたいし、もっとプレイしたい。だから状況は明らかだ。何も変わらないなら、クラブと話さなければならない」と語っており続けて「最終的に僕は25試合くらいに出場できるだろう。それは少ない数字ではない。でもリーグ戦でクラシコをベンチで見るのはいいものではないよ。シーズンで25試合は僕にとって十分じゃないんだ」ともコメントしています

この発言にバルセロナのフロント陣は頭を悩ませたことでしょう

パフォーマンスはブラボの方が良いものの将来性はテアシュテーゲンの方が高い…

テアシュテーゲンを他のクラブに取られたくもない…

そしてブラボとテアシュテーゲンを天秤にかけた結果バルセロナはテアシュテーゲンの将来性を買い取ったという事ですね

この判断が正しかったかどうかは数年後に分かることですがテアシュテーゲンのこのメンタルの強さは凄いですね(;’∀’)

この発言をしたのは23歳の時なのですがそんな年齢でバルセロナという世界最高のクラブのGKの先輩に「出て行ってくれよ」ともくみ取れる発言はできないでしょ(-_-;)

イマイチ安定感に欠けるテアシュテーゲンですがこのメンタルの強さがあれば世界有数のGKになれることでしょう

まとめ

今シーズンからバルセロナの正GKとなりプレーを続けているテアシュテーゲン

現在傾きかけているバルセロナを軌道修正させる存在となれるのか!

注目していきましょう!

ではでは!

筆者のツイッターはこちら→づんづんのツイッターアカウント

[写真引用元]=Getty Images