サミュエルユムティティのプレースタイルと世界最高CBの5の力

サミュエルユムティティのプレースタイルと世界最高CBの5の力

今回はバルセロナに所属するサミュエル・ユムティティについて解説する

サミュエル・ユムティティとは?

プロフィール

生年月日 1993年11月14日

身長 183㎝

体重 75㎏

国籍 フランス カメルーン

ポジション CB

利き足 左足

ユムティティはフランスリーグのオリンピックリヨン下部組織出身で2011年にプロデビュー

リヨンでは5シーズンの間プレーし公式戦170試合に出場、その後2016年6月にバルセロナへと移籍

マスチェラーノとのポジション争いに勝利し今ではジェラールピケの相方として左センターバックのポジションを盤石の物にしている

さらにはフランス代表にも各年代別で選ばれており先に行われたロシアW杯でも主力として優勝に貢献している

サミュエル・ユムティティのプレースタイルは?

ユムティティを一言で表すと非常に現代的なセンターバックだ

まず守備面に関してだがピカイチの対人能力と読みの鋭さを持っている

特に相手FWに当てられた楔の縦パスに対してユムティティを背負っている相手FWの後ろからプレッシャーをかけてボールを奪うプレーを得意としている印象がある

加えて現状のバルセロナでは左SBのジョルディアルバがかなり攻撃なポジションを取るためその後ろの広大なスペースをカバーしなければならないのだがユムティティはその役割をしっかりとこなしている、いや、ユムティティが後ろにいるからジョルディアルバが攻めあがれるという心理的なものもあるだろう

さらに決してサッカー選手として身長が高いわけではないが強靭なフィジカルで空中戦や競り合いでも強さを発揮している

攻撃面に目を移すと前線の選手の足元にピタッと合わせることのできるキック精度を備えておりチームのビルドアップの起点となっている

また左利きというのも評価を高めるポイントだろう

そのうえ時折見せる最終ラインからの果敢な持ち上がりも魅力の一つ

セットプレーのターゲットとしても機能しておりこれでまだ24歳というのが恐ろしいほどに攻守両面において隙の無いプレイヤーだと言える

恐らく最低でもこれから向こう5年間はトップレベルの舞台で戦い続け世界最高のセンターバックと呼ばれるプレイヤーに上り詰めていくことだろう

・対人、読み、カバーリング共にピカイチ

・強靭なフィジカルで空中戦◎

・左足からの高精度キック

まとめ

まだまだ未来があり将来が明るいユムティティ

フランスをW杯優勝に導いた経験をこれから先のキャリアにも大いに生かしてくれることだろう

彼の更なる活躍に期待する

筆者のツイッターはこちら→づんづんのツイッターアカウント

[写真引用元]=Getty Images