ハメスロドリゲスのプレースタイル!バイエルン移籍の2つ理由

ハメスロドリゲスのプレースタイル!バイエルン移籍の2つ理由

こんにちは、幼稚園児の時に買ってもらったぬいぐるみを今でも捨てきれずたくさん持っている男、づんづんです

今回はバイエルンミュンヘンへ移籍したハメスロドリゲスについて解説します!

ハメスロドリゲスとは?

  プロフィール

  • 年齢 26歳
  • 身長 180㎝
  • 体重 75㎏
  • 国籍 コロンビア
  • 所属 バイエルンミュンヘン
  • 利き足 左足

ハメスロドリゲスは2006年にコロンビアの2部リーグのチームでプロデビュー

その後4年間を南米のクラブで過ごし2010年の7月にポルトガルのポルトへ移籍を果たします

11-12シーズンには14ゴールを挙げポルトガルリーグの若手最優秀選手に選出される活躍を見せると翌シーズンから背番号を10に変更してプレーしました

その後はケガもあったもののチームのエースとして躍動、2013年の5月にはポルトガルサッカー史上2番目の移籍金(4500万ユーロ)でフランスのモナコへと移籍しました

モナコでは適応にやや苦しんだもののシーズンで9ゴールを獲得

2014年のブラジルW杯ではコロンビア代表として背番号10番をつけてプレー、チームを準々決勝まで導き個人としても5試合で6ゴール2アシスト大会終了後にはベストイレブンにも選ばれました

大会中にハメスが「レアルマドリードでプレーするのが夢だ」と発言したことから移籍の信憑性が増し、2014年7月に6年の契約を結んだことをレアルが発表しました

移籍金は発表されていませんがサッカー史上4番目に高い金額となる8000万ユーロと報じられています

アンチェロッティが監督に就任していた移籍1年目こそ17ゴール18アシストを記録する活躍を見せましたが翌シーズンからはケガや監督交代に伴る戦術変更により徐々に出場機会を失っていき2016年の終わりごろには移籍を示唆するようなコメントを残すようになりました

その発言通り今月の11日にバイエルンミュンヘンへの買取オプション付きのレンタル移籍が発表されました

ハメスロドリゲスのプレースタイルは?

ハメスは多くの攻撃的なポジションをこなせる万能的なMFです

左足から蹴りだされるボールの精度が非常に高く正確なロングパスやシュートを放つことができます

周囲をシンプルに使いながらゴール前に入っていく流動的な動きが得意でトップ下やシャドーストライカーなどのポジションが適正だと思います

レアルでは右サイドのウィングなどで使われることが多くそこから中に入っていくシーンが多く見受けられました

本人としてもトップ下での起用の方がやりやすいという発言もしていますしバイエルンではそのあたりでの活躍を期待したいですね

づんづんの考えるハメスの能力グラフ

ハメスのプレー動画はこちら!

バイエルン移籍の理由は?

ハメス移籍の噂は以前からありましたがバイエルンへのレンタル移籍という事で決着がつきました

数多くのクラブが獲得に手を挙げた中でなぜバイエルンへの移籍になったのでしょうか

僕は理由が2つあると思います

1つ目はレアル時代に重宝してくれていたアンチェロッティが昨シーズンから監督に就任していることです

ハメス自身もアンチェロッティには恩を感じているようで「アンチェロッティとまた戦いたかった」語っていますし一部報道では監督と直接電話で交渉が行われたとも言われています

ハメスとしては信頼できる監督の下でプレーしたかったというのは本音なのではないでしょうか

2つ目はそのアンチェロッティが4-2-3-1のシステムを採用している点です

先述しているようにハメスの適正ポジションはトップ下でありこのシステムにぴったりとはまります

さらに現在トップ下を務めているチアゴは負傷癖のある選手なのでバイエルンとしてももう1人優秀な人材が欲しかったのではないでしょうか

以上の2つの理由で僕はハメスがバイエルンに移籍したと考えています

まとめ

希望通り移籍を果たしたハメスロドリゲス

バイエルンでの活躍を期待しましょう!

ではでは!

筆者のツイッターはこちら→づんづんのツイッターアカウント

[写真引用元]=Getty Images