植田直通のプレースタイル解説!テコンドーの日本一経験者!?

植田直通のプレースタイル解説!テコンドーの日本一経験者!?

こんにちは、づんづんです

今回は日本の未来を担うセンターバック!植田直通について解説します!

植田直通とは?

  プロフィール

  • 年齢 22歳
  • 身長 186㎝
  • 体重 79㎏ 
  • 国籍 日本
  • 所属 鹿島アントラーズ
  • 利き足 右足

植田は高校卒業後の2013年に複数のクラブからオファーが届く中「雰囲気がファミリーに近い」というかっこいい理由で鹿島アントラーズに入団

1年目こそ出場機会が少なかったものの2年目は開幕戦で途中出場し年間では18試合先発とアピールに成功します!

2015シーズンは公式戦14試合出場とやや調子を落としますがリーグ戦でプロ初ゴールを決めています!

このシーズンの終わりに神戸のネルシーニョ監督から直接テレビ電話で口説かれるなど複数のオファーが届きますが「すごく評価してくれて迷ったけど、鹿島で試合に出たかった」と鹿島で試合に出るんだという強い気持ちを見せ残留

その言葉通り2016シーズンは自身最多の公式戦27試合に出場し12月のクラブワールドカップでは大会を通し安定したパフォーマンスを見せ決勝のレアルマドリ―戦でも物怖じせず戦いその活躍が海外雑誌にも取り上げられるなどポテンシャルを証明しました!

リオオリンピックにもアジア予選を含めてレギュラーとして奮闘したもののチームはグループリーグ敗退となっています

プレースタイルは?

植田はフィジカルの強さと気迫を前面に押し出したプレースタイルが特徴です!

対人、空中戦、共に強く本人も「フィジカルなら海外の選手にも負ける気はしない」と自負しています

植田自身は元バルセロナのプジョルを尊敬しているようで「自分は試合中に血を流すというのが目標でもあるので、本当に凄いと思う。プジョルはビビらないので、そういう気持ちを大切にしていきたいです」とも語っています

あのプジョルにはまだ到底及びませんが日本のディフェンスリーダーになるために頑張ってほしいですね!

 テコンドーで日本一!?

植田は親の勧めで小学2年生から6年生までテコンドーをしていたそうで全国優勝、そして世界大会にも出場したことがあるそうです

しかし本人は実はテコンドーは嫌いだったようで中学入学時にやめています

嫌いなスポーツで日本一って凄すぎますね…

テコンドーはサッカーにも活かされているらしくチャージやボディコンタクトの際にそう感じるようです!

植田のフィジカルの強さはJリーグでもトップですからね!

一般的にフィジカルが弱いとされる日本人選手は全員テコンドーをやれば良いかもしれません(^^;

まとめ

22歳という若さで鹿島のレギュラーを掴んでいる植田

A代表での出場はまだありませんがポテンシャルは間違いないと思うのでここからもっとのし上がってほしいですね!

ではでは!

[写真引用元]=Getty Images