日本から世界的なGKが出てこない理由

日本から世界的なGKが出てこない理由

こんにちは、づんづんです

日本サッカー界から海外サッカー界へと

活躍の場を変える選手は今ではかなり多いですが

GKというポジションでそういった選手は中々出てきません

その理由を考えていきましょう

スポンサードリンク
Advertisement

芝のグラウンドの少なさ

海外との決定的な違いはこの点です

 

僕も芝のグラウンドでプレーしたのは

数えるほどです

 

これはGKだけに言えることではありませんが

小さいころから芝でプレーしてきた人と

土でプレーしてきた人とでは

明らかに技術面やなれの部分に差が生まれます

 

そして最大の要因は土のグラウンド

めっちゃ痛い

滑り込んだらめっちゃ痛い

 

サッカー経験者なら1度は経験があることでしょう

我を忘れてボールを奪おうとして滑り込み

膝小僧や、すね、ひじを赤く染めたことが

 

そしてキーパーは90分間で一番飛び込む回数が多い選手です

 

僕は小学校の休み時間にみんなでサッカーするときに

キーパーをすることが多かったのですが

毎回必ずどこかしらすりむいていました

 

これは結構辛かったですね…

 

クラブチームや部活動の本職のGKはもっとつらいことでしょう

 

日本人が反射速度が高くないなんて

サッカー以外で聞いたことがないので

小さいうちから痛みを伴うプレ-をしてきた日本人と

痛みを伴わないプレーをしてきた外国人に大きな差が生まれ

土のグラウンドが将来の日本の守護神候補の

成長を小さいうちから止めているのです

キーパー=デブという風潮

これは

野球のキャッチャー

バンドのドラムからなる

3大デブの役職の1つですが

これ完全な間違いですよね

 

 

キャッチャーはデブだとパワーがあってボールを受け止めれそうとか

キーパーは面積が大きいからゴール守れそうとか

 

そんな幼稚で安易な考えが昔から浸透し

今に至ってると思うのですが

(ドラムに関しては完全に雰囲気)

 

皆さんの少年時代にもいたでしょう

 

そんな理由で得意でもないポジションを任され

ミスをして非難を浴びるかわいそうな子が

 

キャッチャーは扇の要と言われるほど

守備の大事なポジションですし

キーパーなんて現代サッカーでは

最も身体能力が求められるポジションです

 

そんなポジションをいきなり任されて

上手くやれるわけがないんです!

 

このせいで

キーパー=デブ=カッコ悪いという認識が強まり

本当はキーパーの素質があったり

キーパーをやりたいと思っている子も

周りの目を気にして言い出せないといったケースもあると思います

 

キーパー=デブという悪しき風潮が

日本人GKの底上げを止めているのです

まとめ

日本人GKが海外で活躍できない理由を

2つ挙げましたが

芝のグラウンドの整備が急務だと思います

 

そうすればキーパーが活躍できる場が増え

キーパーはかっこいいものなんだ!

という正しい認識が広まると思います

 

いつかビッククラブで活躍する日本人GKが見たいですね!

ではでは