アビスパ対金沢の結果とマッチレビュー!今期の2つの攻撃の形!!

アビスパ対金沢の結果とマッチレビュー!今期の2つの攻撃の形!!

こんにちは、ご飯にものすごく時間がかかっちゃう男

づんづんです

今回はアビスパ福岡対ツエーゲン金沢の試合分析をしていきたいと思います!

アビスパの布陣と試合結果

中3日3連戦の3試合目となったこのゲーム

疲れが心配される中アビスパ福岡が5-0で大勝しJ2リーグ首位になりました!!

いやー!めでたい!!

今までの決定力不足が嘘のようにここ2試合は得点を重ねていますね!!

そんなアビスパの布陣はこちら!

もう定番化してきた「3-4-3」のシステム

疲労を考慮してか前節からはシャドーの2選手が変更となっています

この3連戦を通して感じたのですがシャドーの位置に石津、ポッピ、ジウシーニョ、坂田とタイプは違いますが交代してもクオリティを落とさない選手が数多くいるのはアビスパの強みだと思います

連戦でもチームを機能させることができますし対戦相手に応じて多彩な攻撃を用意することができます

井原監督が行っているこの戦術は現在のアビスパにおいてベストな選択肢なのかもしれません

明確化した攻撃の形

前節は3点を獲得したものの相手DFを崩しっ切ったゴールというものはありませんでした

ただ今節は前線が連動した攻撃やチームの強みとなる部分が出たりとこれからの試合にも繋がるような試合でした!

まずセットプレーなのですがアビスパは以前からコーナーキックの際はウェリントンや岩下らなどヘディングの強い選手が1列に並びキッカーがボールを蹴る直前に左右に勢いよく分散することでマークを付きにくくしてゴールを狙うという作戦を行っていたのですがここにきてそのプレーが洗練されているように感じます

1人1人のおとりとフィニッシャーの役割が明確化され連携面が整いそこに駒野の正確無比なキックとウェリントンの異次元フィジカルが組み合わさることでアビスパのセットプレーというのはとんでもない武器になっていると思います

しかしセットプレーだけのチームではもちろんいけません

流れの中からも点を取れなければ今シーズンの目標であるJ1昇格は難しいでしょう

ただこの試合でウェリントンがセットプレー以外でも強みがあることを証明してくれました!

2点目4点目のシーン、またそれ以外でも見受けられるのですがシャドーの選手との相互関係が非常に良好でした!

2点目のシーンなんかはサイドに流れてボールをキープしたウェリントンが中に入ってきたポッピにパスを送り、ポッピからダイレクトでフリーの石津へとボールが渡りゴールを決めました!

僕はこういうシーンが見たかったのです!!

シーズン序盤はウェリントンにボールが通っても無理な位置からシュートを放ったりと強引なプレーが目立っていました

ただ最近の試合で降りてきてパスを受けたりボールキープしたりとポストプレーヤーとして働くようになりこの試合でようやく得点として現れました!

また僕の贔屓選手である石津が久々にゴールを決めたのも個人的には嬉しかったですね!

ウェリントンがポストプレーを行いシャドーの選手やボランチがそれを追い越し相手のマークのズレを生む

それによって生まれたフリーの選手がゴールを決める

まあこの試合は連戦の疲れもあるのか金沢の選手の守備意識が低くボールウォッチャーとなってしまっているプレーヤーがたくさんいたのでこの攻撃が同じように次節も通用するかというとそうではないと思います

井原監督にはこの形をセットプレーに次ぐアビスパの得意攻撃としてもっと完成度を高めてもらいたいですね!

僅かな守備の綻び

この試合の勝利によりアビスパは4戦連続クリーンシートでの勝利を収めたわけですが全く隙が無かったというわけではありません

僕は「ロングボール時のバイタルエリア」「サイドハーフの守備意識」を指摘したいと思います

まずロングボール時のバイタルエリアですがこの試合金沢の選手が後方からロングボールを放ってきた際にアビスパの両ボランチの戻りが遅くバイタルエリアがスカスカになっていました

下記の記事でも説明していますがバイタルエリアとはディフェンスにおいて最も優先的にケアするべきポイントです

サッカーのバイタルエリアって何?いまさら聞けないサッカー用語解説!

このシーンは何とか乗り切ったもののこういった状況を連続で作ってしまうようなことになると失点は免れません

まあアビスパの両ボランチは攻守において激しい運動量でチームを支えてくれていますからあまり指摘したくはありませんが…

そしてもう1点サイドハーフの守備意識についてです

アビスパは撤退守備の時に「3-4-3」のウィングバックとシャドーの選手のポジションを1列下ろし「5-4-1」のブロックを形成します

この試合では石津とポッピがサイドハーフに当たるのですが守備意識が微妙に低いんですよねー、特にポッピが

ボールがサイドラインを割ってプレーが途切れた時などに集中力を切らしてしまう癖があり何度かサイドからチャンスを作られていました

先ほども述べましたがこの試合は金沢の選手にミスが多かったため助かりましたがJ1昇格を目指しているチームと戦った場合絶対にこの2点を突いてくると思います

堅守再建に向けまだまだ油断は禁物です

まとめ

今シーズン初の首位に立ったアビスパ福岡

次節は5月28日ホームでザスパクサツ群馬戦です!

みんなで応援しましょう!

ではでは!

[写真引用元]=Getty Images