2016Jリーグアウォーズ開催!ベストイレブンの成績振り返り!GKDF編!

2016Jリーグアウォーズ開催!ベストイレブンの成績振り返り!GKDF編!

こんにちは、づんづんです

12月20日に横浜アリーナで

2016Jリーグアウォーズが開催され

受賞者の表彰が行われました

今回はベストイレブンを受賞した選手の

GKとDFの特徴と今シーズンの成績を

振り返りたいと思います

GK

西川周作 浦和レッズ

[写真引用元]=Getty Images
4年連続の受賞となった

今シーズンも浦和の正守護神として活躍し

日本代表でもGKのポジションをつかんでいます

リーグ戦35試合に出場し

ルヴァンカップ決勝では

ガンバ大阪とのPK戦までもつれた対戦で

セーブを見せるなど

浦和のカップ戦制覇の立役者になりました

この選手の特徴は足元の技術の高さです

相手FWのプレッシャーをワンフェイント入れてかわしたり

セカンドステージ第6節の湘南戦では

自陣から70メートル近いロングパスを

走りこんだ関根選手に供給し

見事なアシストを記録しました

左足から繰り出される正確なフィードは

味方の攻撃の最後尾からの起点となり

大きな武器です

DF

昌子源 鹿島アントラーズ

[写真引用元]=Getty Images
チャンピオンシップを制覇した鹿島からは

1名の選出となりました

今シーズンはリーグ戦31試合に出場し1ゴールを決めています

鹿島の伝統の背番号3を受け継ぐこの選手は

空中戦に強く1対1にも自信を持っています

先日のレアルマドリードとのクラブW杯決勝では

クリスチアーノロナウドのドリブルを止めるなど

自分の実力が世界に通用することを証明しました

まだ24歳なのでこれからの成長が楽しみな選手です

槙野智章 浦和レッズ

[写真引用元]=Getty Images
ハリルジャパンでもおなじみとなってきた

浦和のお祭り男が2年連続受賞を達成しました

今シーズンは

リーグ戦29試合出場3ゴールと浦和の年間優勝に貢献しました

この選手も1対1の局面での守備に定評があり

果敢な攻撃参加も魅力です

浦和では3バックの1角を務めていますが

サイドバックもこなせる器用な選手です

チャンピオンシップでは

鹿島の優勝を決めるPKを献上してしまいましたが

シーズン中の活躍が考慮されたのでしょう

森重真人 FC東京

[写真引用元]=Getty Images
FC東京からは唯一の選出となりました

4年連続の受賞となった今シーズンは

リーグ戦32試合出場4ゴールを記録しました

またディフェンスリーダーとしてキャプテンとして

バックラインからチームをまとめ上げました

日本代表にもコンスタントに招集され

ハリルホジッチ監督の信頼を得ているこの選手は

体が強くビルドアップも得意としています

上背もあるのでセットプレーにも強いです

チームはシーズン中に監督が代わるなど

安定感に欠け

昨シーズンの4位から9位へと後退しました

来シーズンはキャプテンとしての

責任が問われる1年になりそうです

塩谷司 サンフレッチェ広島

[写真引用元]=Getty Images
広島からは1人の受賞となりました

3年連続の受賞となった

今シーズンは30試合出場5ゴールを記録し

リオオリンピックのオーバーエイジ枠にも選ばれるなど

能力の高さを示しました

センターバックながらスピードが高く

外国人選手に負けない体の強さもあります

さらに強力なミドルシュートも持っています

もともとはボランチの選手だけあって

攻撃能力も高いです

スピードタイプのセンターバックは貴重なので

これからも成長を続けてほしい選手です

まとめ

西川選手は4連続受賞

さすが日本代表ですね

またDFは全員

対人、1対1が強い選手が選ばれています

どちらもサッカーを始めるうえで最初に植え込まれることですが

やっぱり基本ができている選手は強いですね!

明日はMF、FWを記事にします!

筆者のツイッターはこちら→づんづんのツイッターアカウント

[写真引用元]=Getty Images