サッカー観戦初心者向け:ロシアW杯本戦メンバー23名1口メモ

サッカー観戦初心者向け:ロシアW杯本戦メンバー23名1口メモ

今回は昨日発表されたロシアW杯の本戦メンバーの特徴をいまさら聞けないサッカー観戦初心者向けに1口メモという形で解説していこうと思う

目次

W杯メンバー1口メモ

GK

川島永嗣…フランス1部・メス(35歳)

本戦でも正GKとしての起用が見込まれる長年日本のゴールマウスを守ってきた守護神

一時は所属クラブを失いフリー状態となったが第3GKとして獲得されたフランス1部・メスにてレギュラーを奪取

見事代表でもスタメンに返り咲き本戦メンバー入りを果たした

東口順昭…J1・ガンバ大阪(32歳)

韓国人GKの台頭が目覚ましいJリーグで長年にわたりガンバのゴールを死守している地元出身GK

代表での出場機会が短いながらもコンスタントに選ばれ続けている点を鑑みるとバックアッパーとしての信頼を勝ち得ていることは間違いない

中村航輔…J1・柏レイソル(23歳)

未来の代表守護神と呼び声の高い将来性豊かなGK

日本人離れしたセービングと安定したボール捌きが持ち味

GKでリオ五輪経由ロシア行きの切符を掴んだことは本人のキャリアの順調ぶりをうかがわせる

中村航輔についての解説記事はこちら

DF

 

吉田麻也…イングランド1部・サウサンプトン(29歳)

ザック政権時代からおよそ8年間代表のディフェンスラインをまとめてきた日本の守備の要

卓越したフィジカル、フィード能力、アジリティを兼ね備える日本歴代屈指のセンターバック

キャリアの集大成として真価が問われる大会となる

吉田麻也についての解説記事はこちら

槙野智章…J1・浦和レッズ(31歳)

日本一の熱血DFが31歳にして初のW杯メンバー入り

最終予選終了後からレギュラーを奪取し安定したパフォーマンスを見せている

本戦でもそのフィジカルを活かした熱いプレーが見れることを期待する

槙野智章についての解説記事はこちら

昌子源…J1・鹿島アントラーズ(25歳)

鹿島でキャプテンを任され伝統の背番号3を身につける頼れるDF

空中戦、対人能力は日本屈指と言える

槙野とのポジション争いが熾烈だが高いレベルでの競争を見せてもらいたい

昌子源についての解説記事はこちら

植田直通…J1・鹿島アントラーズ(23歳)

鹿島で昌子とコンビを組みセンターバックを務める

やや対人能力は昌子に劣るが空中戦での脅威は植田の方が上だろう

リオ五輪経由でロシアへの切符を掴んだ選手の1人でもある

植田直通についての解説記事はこちら

遠藤航…J1・浦和レッズ(25歳)

リオ五輪でキャプテンを務めた男が本戦メンバー入りも勝ち取った

左サイドバック以外ならば守備的なポジションをすべてこなせるユーティリティープレイヤー

出場の可能性は高くないがバックアッパーとしてはこれ以上ない存在だ

遠藤航についての解説記事はこちら

長友佑都…トルコ1部・ガラタサライ(31歳)

今大会で3度目のW杯となるベテランサイドバック

正直彼以上の左サイドバックは向こう10年日本に出てこないかもしれない、そんなことを思わせるレベルのプレイヤーだ

鋭いクロスに豊富な運動量、1対1の強さが特徴

今大会で代表引退が予想される選手の1人だが悔いのないように戦ってもらいたい

長友佑都についての解説記事はこちら

酒井宏樹…フランス1部・マルセイユ(28歳)

前回のブラジル大会でメンバー入りするも出場がなく悔しい思いをした右サイドバック

勢いよくエリアへ放り込むアーリークロスが持ち味

一昨年マルセイユに移籍してから覚醒したようにパフォーマンスを上げ、今では代表の右サイドバックとして確固たる地位を築いている

キャリア最盛期で迎えるW杯なだけに本人の覚悟も違う事だろう

酒井宏樹についての解説記事はこちら

酒井高徳…ドイツ2部・ハンブルガーSV(27歳)

ドイツの名門クラブでキャプテンを務め、左右両方をこなせるサイドバック

高いアジリティと豊富な運動量、献身性が特徴的

W酒井としてポジション争いをしてきた酒井宏樹には一歩リードされてしまったがバックアップ要因としてチームに欠かせない存在だ

酒井高徳についての解説記事はこちら

MF

長谷部誠…ドイツ1部・フランクフルト(34歳)

4代前の岡田監督時代から代表でキャプテンマークを巻き続ける精神的支柱として欠かすことのできない存在

危機察知能力や中盤でのバランス感覚に優れており彼が出場しているといないとでは大きく試合展開が変わってしまうほどのプレイヤー

今大会は3センターバックの真ん中としてプレーすることが見込まれるが彼にとっては造作もないことだろう

代表での長谷部が見れるのは今大会で最後だと考えられるのでしっかりと目に焼き付けておきたいところだ

長谷部誠についての解説記事はこちら

大島僚太…J1・川崎フロンターレ(25歳)

リオ五輪経由でロシアW杯出場を掴み取った4人目の選手

昨シーズン悲願の初優勝を遂げた川崎で若くして核を担っているボランチ

類まれなパスセンスでFW陣をゴールへ導くことを期待する

大島僚太についての解説記事はこちら

柴崎岳…スペイン1部・ヘタフェ(26歳)

日本人では難しいとされていたスペインリーグで10番を背負い活躍する稀代の司令塔

大島と同様針の穴を通すような足元の技術はもちろん、日本人で唯一レアル・バルサ両チームから得点を奪っているという勝負強さにも期待したい

柴崎岳についての解説記事はこちら

山口蛍…J1・セレッソ大阪(27歳)

ボール奪取能力と球際の強さに優れた守備的なボランチ

その激しいプレスで中盤のピンチの芽を摘み取る活躍を見せてもらいたい

山口蛍についての解説記事はこちら

原口元気…ドイツ2部・デュッセルドルフ(27歳)

豊富な運動量と前への推進力に優れたサイドアタッカー

守備も助ける献身性とゴールへの貪欲な気持ちでチームを救ってもらいたい

原口元気についての解説記事はこちら

宇佐美貴史…ドイツ2部・デュッセルドルフ(26歳)

原口と同じチームでプレーする天才型ドリブラー

日本人離れしたボールタッチで相手を翻弄するプレイを見せてほしい

乾貴士…スペイン1部・エイバル(29歳)

柴崎と同じく日本人に難しいとされたスペインで3年にわたり主力として活躍するドリブラー

鋭い切り返しからのシュートやクロスボールは強烈で代表での長友との相性も良好だ

乾貴士についての解説記事はこちら

香川真司…ドイツ1部・ドルトムント(29歳)

日本の10番を担う攻撃的MF

PA付近での細かいボールタッチが得意

4年前の雪辱があるだけに彼にかかる重圧は大きい

今度こそW杯の舞台で輝きを見せてほしいところだ

香川真司についての解説記事はこちら

本田圭佑…メキシコ1部・パチューカ(31歳)

言わずと知れた現代表を象徴するプレイヤー

ボールタッチの精度とミドルシュート、FKを得意とする

3度目のW杯となる今大会、南アフリカの衝撃を超えることができるのか

絶大な期待がかかる

本田圭佑についての解説記事はこちら

FW

大迫勇也…ドイツ1部・ブレーメン(28歳)

抜群の安定感を誇るポストプレーが持ち味のセンターフォワード

大迫半端ないって!のフレーズはあまりにも有名

本戦でも予選同様の素晴らしい活躍を見たい

大迫勇也についての解説記事はこちら

武藤嘉紀…ドイツ1部・マインツ(25歳)

 

今季欧州で日本人最多得点を挙げたアタッカー

ポストプレー、裏への抜け出し、空中戦、すべての攻撃に対応できるハイブリッドなプレイヤー

武藤嘉紀についての解説記事はこちら

岡崎慎司…イングランド1部・レスター(32歳)

一昨年のレスター奇跡の優勝が記憶に新しいが南アフリカ時代から代表を知っているベテランFW

泥臭くゴールを狙い豊富な運動量でグラウンドを走り回る姿は見ているものを熱くさせるものがある

恐らく最後のW杯となる今大会もできる限りのことを尽くしてもらいたい

岡崎慎司についての解説記事はこちら

まとめ

直前に監督の交代劇があり揺れている日本サッカー界

本戦の日程は6月19日にコロンビア戦、25日にセネガル戦、28日にポーランド戦だ

日本全体で応援しよう

[写真引用元]=Getty Images