サッカー日本代表パラグアイ戦徹底分析・選手採点

サッカー日本代表パラグアイ戦徹底分析・選手採点

今回は昨日行われたロシアW杯前最後のテストマッチ、パラグアイ戦の考察・分析をしていこうと思う

先発メンバーとシステム

ガーナ戦、スイス戦と全く違う手法で戦ってきた西野ジャパンだがスイス戦でも大きく人選、システムを変更してきた

それがこちら

スイス戦から高徳以外の10名を変更し香川をトップ下気味に配置した4-4-2となった

恐らく西野監督が頭に思い描いていた形の最後の物だと思うが結果は既知の通り4-2で快勝、監督交代後初勝利を掴んだ

遠藤、植田、東口などを起用している点からこの布陣をベストメンバーとして決めきっているわけではないと推測されるが西野監督が指揮した過去3戦の内、最もチームとしてオーガナイズされていてやりたいことがはっきりと分かるゲームだったのではないだろうか

それでは詳しく掘り下げていこう

守備面

久しぶりに香川を中央の攻撃的な位置で先発させた形でどのような攻撃を見せてくれるかと観察した前半だが大きく変わったのは守備面だった

香川、岡崎の両名が相手最終ラインへプレスをかける際ボールホルダーにそのまま寄っていくのではなく、1度敵アンカーおよびインサイドハーフへのパスコースを塞いでプレッシャーを与えている点

画像にすると上記のような形だがこれにより相手センターバックに効果的に守備を行える上に中盤のプレイヤーはパスコースを限定して守れるため前に出る守備がしやすくなるというメリットもある

ひいては自陣のセンターバックも最終ラインが上げやすくなりチーム全体がコンパクトにまとまるため守から攻への切り替えも行いやすい

スイス戦では大迫が最終ラインにプレスをかけ本田は運動量が低いためプレスについていくのではなくアンカーをマークしていたがその形では簡単にサイドチェンジされてしまうし本田は攻撃の際中盤を大きく動き回るので攻から守へ切り替える時に敵アンカーにつききれていないシーンが多々あった

そこが今回の2名に代わると岡崎はレスターでポジションがやや異なるものの同じような役割を担っているし香川に関してもドルトムント仕込みのハイプレスの技術がある

さらに両者ともスピードに乗った状態でプレーすることが得意なプレーヤーなのでショートカウンターの脅威も大幅に増す点も狙いとしてあるだろう

しかし守備面において不安要素がゼロだったわけではない

ここまで前線からの守備が素晴らしいと絶賛しておいて憚られるがハイプレスとは言わば諸刃の剣で、ひとたび高精度のパスを通されかわされてしまうと中盤の枚数は少ない上に裏には広大なスペースがあるという弱点を常に抱える戦術でもある

そのうえ僕の分析力不足もあるのだろうが撤退守備時の統率がイマイチ取れているようにも見えなかった

西野監督が度々インタビューで選手主導という言葉を使っていたがある程度守備時には約束事を決めておかないとマークの移し渡しやボールホルダーへのプレスが曖昧になってしまい速攻を見舞われると守備時の脆弱さがより浮き彫りになってしまうと僕は考えている

事実スイス戦ではボランチが前に出る守備をしたらサイドハーフが絞って中に入るという基本の動きもイマイチでそういった場面からチャンスを作られていた

その隙を本戦でぶつかってくる強豪チームは必ず突いてくる

ハイプレス時、撤退守備時それぞれで約束事を定めることが必要になってくるのではないだろうか

攻撃面

さて話を攻撃に移そう

この試合日本の得点は全て後半生まれたものだったが決定機をものにしたシーンが後半のみだったというだけで前後半で攻撃の形は大きく変わっていない

挙げるとすれば後半大迫投入後にポストプレーというオプションが増えたくらいだろう

基本は先述したようにハイプレス速攻型だったように思える

ただこの攻撃が上手くいったのは当然ながらハイプレスがはまったからというわけだけではない

基本的には香川・柴崎でビルドアップを形成していくのだがアタッキングサードにボールが収まった際、トップの岡崎、両サイドの乾、武藤いずれの選手も裏に抜け出してくれるため相手最終ラインがそれにより下がりバイタルのスペースが空きやすい上にパスの選択肢が多くフリーの選手が生まれやすかったという点が大きかったと感じた

画像に表すと上記のような形

これは日本人の俊敏性の高さを存分に発揮させている戦術でこのサッカーを4年やってほしい…と思うほどだった

特に岡崎はプルアウェイの動きで裏へ走りこみ相手ディフェンスを釣り出す動きが非常に優れており攻守にわたりこのゲームにおいて重要なプレーヤーとなっていた

ショートカウンター型のチームを本戦でも組むのならばこの人選、この配置がベストだろう

このベースの上で相手が引いてくるのであればボールを収められる大迫やゲームメイクに長けた本田を起用しても良いし、後半足が止まってきた選手を宇佐美、原口あたりと変えるのも良いだろう

そして攻撃面においてもう1つ素晴らしいと感じた点がセンターバックの持ち上がり

この試合鹿島コンビで出場した昌子と植田は守備面でも及第点のパフォーマンスを見せたがボールを保持した際そのまま持ち上がり攻撃の起点となったシーンが多々あり乾の先制のシーンはまさしく昌子の持ち上がりにより生まれたものだった

引いてくる相手に対してセンターバックが持ち上がり数的優位を作っての攻撃は非常に効果的なのにも関わらずこれまでの日本代表では見られるシーンは少なかったのだがこのゲームでは両センターバックともに良い判断で攻撃に参加していた

吉田、槙野両名のパフォーマンスが低調な中でより良い競争を生み出しているのではないだろうか

選手採点・寸評

僕個人の選手採点と寸評を載せていく

※10点が最高、6が平均

GK 東口順昭 5.5

失点シーンは相手を褒めるべきだがセットプレー時に前に出て触れない場面など不安定なプレーが散見された 正GK争いには1歩出遅れたか

→中村航輔 6

CK処理やシュートストップは安定したものを見せた 味方がブラインドとなった失点シーンが唯一悔やまれる

DF 遠藤航 5.5

右サイドバックとして守備時は戦えることを示したが攻撃面ではもう一つインパクトが欲しいところ

→酒井宏樹 6

終始無難なプレーを見せ本戦でのレギュラーは確実か

植田直通 6.5

前回代表先発時のウクライナ戦から格段にパフォーマンスを向上させた

昌子源 6.5

同点ゴール時の関与は素晴らしく守備面においても危険なプレーは見せず

酒井高徳 7

スイス戦では紛糾される出来だったが左サイドでは戦えることを証明 サイドでの2対1を止めたシーンは圧巻

山口蛍 5.5

不用意なパスミスは減ったが守備において本来の輝きを見せれず

柴崎岳 7

局面で顔を見せチーム全体をコント―ロール FKでも可能性を感じさせた しかしオフサイドにより取り消されたピンチシーンの起点となったことは課題

武藤嘉紀 6.5

献身的な動きでチームをサポート 2点目の演出は見事

→大迫勇也 6

VARがあれば得点を奪っていた可能性も コンディションは上がってきている様子

香川真司 8

攻守おいてチームのキーマンとなり1ゴール2アシスト 本田とのポジション争いには勝利したか

乾貴士 7.5

前半決定機を逸したが後半2ゴールを挙げる スペイン仕込みの守備でのインテリジェンスも見せた

→宇佐美貴史 5.5

与えられた時間は短かったが違いは生み出せず 守備面でも緩さがありレギュラー確保は厳しいか

岡崎慎司 7

数字こそ残らなかったが攻守にわたりハードワークを見せた

原口元気 6

チャンスを演出するもレギュラーを絶対的にする結果は残せず

まとめ

苦手な南米のチームを相手に西野新監督初勝利を挙げた日本代表

ここからもう1つ調子を上げてもらいたいところ

ただこのムードに水を差したいわけでは決してないがスイス戦と比べて格段に良いサッカーをしたとはいえこれがW杯出場国として最低基準のレベルだと僕は思っている

あのレベルのサッカーを本戦で当たるチームは長期間に渡って熟成させてきている

コロンビア、セネガル、ポーランドそれぞれに合わせた臨機応変な戦い方が日本には求められるだろう

ワールドクラスの選手を数多くそろえるチームに対して新生ジャパンがどう戦うのか

日本代表の健闘を心から願う

[写真引用元]=Getty Images