サッカー日本代表メンバー発表!柴崎、小林らが選出された1つの理由

サッカー日本代表メンバー発表!柴崎、小林らが選出された1つの理由

こんにちは、髪形のセットにかなりの時間がかかってしまう男、づんづんです

今回は8月31に迫るロシアW杯アジア最終予選オーストリア戦に向けた日本代表メンバーが発表されたので考察していこうと思います

選出選手

今回も何名か新選手や久しぶりに代表のピッチに立つような選手が招集されましたが皆さんのお気に入り選手は選ばれたでしょうか

そのメンバーはこちらです

GK

川島永嗣 (フランス1部・メス)

東口順昭 (J1・ガンバ大阪)

中村航輔 (J1・柏レイソル)

DF

酒井宏樹 (フランス1部・マルセイユ)

酒井高徳 (ドイツ1部・ハンブルガーSV)

長友佑都 (イタリア1部・インテル)

槙野智章 (J1・浦和レッズ)

吉田麻也 (イングランド1部・サウサンプトン)

三浦弦太 (J1・ガンバ大阪)

昌子源 (J1・鹿島アントラーズ)

植田直通 (J1・鹿島アントラーズ)

MF

長谷部誠 (ドイツ1部・フランクフルト)

山口蛍 (J1・セレッソ大阪)

井手口陽介 (J1・ガンバ大阪)

高萩洋次郎 (J1・FC東京)

小林祐希 (オランダ1部・ヘーレンフェーン)

柴崎岳 (スペイン1部・ヘタフェ)

香川真司 (ドイツ1部・ドルトムント)

FW

浅野拓磨 (ドイツ1部・シュツットガルト)

久保裕也 (ベルギー1部・ヘント)

本田圭佑 (メキシコ1部・パチューカ)

乾貴士 (スペイン1部・エイバル)

武藤嘉紀 (ドイツ1部・マインツ)

原口元気 (ドイツ1部・ヘルタベルリン)

岡崎慎司 (イングランド1部・レスター)

杉本健勇 (J1・セレッソ大阪)

大迫勇也 (ドイツ1部・ケルン)

ポジション別選出理由の考察

多くの新選手がいますがここで選出理由の考察に移る前にメンバーを書き出してみて思ったことを1つ

海外組の選手多くないですか?

27人中17人が海外組です

特にFWなんて杉本以外全員海外でプレーしています

10年前では考えられない人数ですね

もちろん海外でプレーしているというだけで選手の評価は決められませんが一つの指標にはなると思います

いつかはバロンドールを取るような選手が日本から生まれてほしいところです

まあそんな話は置いといて考察に入っていきましょう

GK考察

GKは前回と全く同じメンバーとなりました

確かにこの3人以外の候補というと浦和の西川ですがあまり安定しているとは言えませんしチームもやや低迷気味です

FC東京の林もちょうどケガをしていますね

それを踏まえるとこのメンツで順当と言えます

個人的には新守護神として南アフリカ杯前、川島が楢崎から正GKの座を奪ったように今回は中村が川島から背番号1を奪ってほしいのですがそれはまた先の話かもしれません

ハリルの発言などから川島への信頼は厚いことが分かりますしこのタイミングでGKを変更するというリスキーなことをするとは思えませんからね

主な落選選手

  • 西川周作
  • 林彰洋

DF考察

DFは宇賀神が外れ植田が復帰しました

そこ以外は前回と同様のメンバーですね

宇賀神は先日のフィジカル的な強さが求められたイラク戦でバックアッパーとしてスポット的に呼ばれた選手だと予想できますから納得がいきます

植田に関してはケガもあり代表を外れている森重や招集されているもののケガ明けで安心できない吉田らセンターバックのリザーブ要員として声がかかったと考えられます

それにハリルは会見で「オーストラリアは得点の6割をセットプレーから獲得している」と話しているようにオーストラリアのフィジカル面を警戒していましたから空中戦の競り合いに強い植田を呼んだという側面もあるでしょうね

ただDF陣が前回とあまりメンバーが変わっていないことを見ると、この大一番でディフェンスラインを変更するという危険な橋を渡らなかったハリルの気持ちが見え隠れしますね

主な落選選手

  • 森重真人
  • 丸山祐市
  • 鈴木大輔
  • 内田篤人
  • 太田宏介
  • 宇賀神友弥

MF考察

ここの発表の時間には多くのサッカーファンが湧いたことでしょう

チームのキャプテンであり円滑油でもある長谷部が復帰小林と柴崎という2名の期待できるゲームメイカーが加わりましたからね

毎度代表戦の時期には招集に期待の声が上がっていましたがようやく実現されました

それは今回のゲームがホームで行われるという事が大きく関わっているでしょう

選手としてアウェイよりもやりやすさがありますから臆することは無いと思いますしチームとしてもオフェンスに積極的になれますからね

2名の攻撃的な異なるタイプのゲームメイカーを呼ぶことで攻撃の幅を広めようと考えたと予想できます

そして前回から継続して井手口陽介が招集されていることも忘れてはいけません

山口と同じ役割をこなせる貴重な若手選手ですからね

ぜひとも2人で高いレベルのポジション争いをしてもらいたいです

高萩もUAE、タイ戦ぶりの招集となりました

ハリルは会見で選出理由について「経験もありフィジカルが強く代表に適応できオーストラリアとも戦える」と語っています

この発言を鑑みると高萩は今野との争いだったのかもしれません

どちらも同じようなタイプの選手でハリルのサッカーには必要なピースですからね

これが事実ならば最近のパフォーマンスを踏まえるとハリルの判断は正しいといえるかもしれません

主な落選選手

  • 清武弘嗣
  • 柏木陽介
  • 大島僚太
  • 遠藤航
  • 倉田秋

FW考察

FWはマインツの武藤が代表復帰しセレッソから杉本という新戦力が招集されました

そのほかに関しては前回と同じメンバーになりました

これについては大迫のケガというのが影響していると思われます

今の代表で絶対的な存在でありポストプレーヤーとしてチームの攻撃を支えていた大迫

しかし今回彼がケガで出場が危ぶまれていますからJリーグで同様のプレーを得意としながら現在調子の良い杉本と昨シーズンケガから復帰し安定したパフォーマンスを見せており体を張ったプレーのできる武藤を招集したのでしょう

武藤についてはサイドでもプレーできますから怪我人が多発している現代表にとって重宝できる存在ですしね

恐らく大迫のケガの具合と杉本、武藤の練習でのプレーを見てスタメンを決めるのでしょうがいずれにせよしっかりと新選手にチームコンセプトを植え付けてほしいですね

主な落選選手

  • 宇佐美貴史
  • 南野拓実
  • 齋藤学
  • 金崎夢生
  • 興梠慎三
  • 小林悠

まとめ

いよいよ8月31日に迫ったホームでのオーストラリア戦

勝てばW杯出場が決まる大一番です

ぜひしっかりと勝利を掴み取り6大会連続のW杯出場を決めてもらいたいですね

ではでは

筆者のツイッターはこちら→づんづんのツイッターアカウント

[写真引用元]=Getty Images