サッカー日本代表ガーナ戦徹底分析記事

サッカー日本代表ガーナ戦徹底分析記事

今回はロシアW杯を目前に控えた西野ジャパンの初陣であるガーナ戦を考察・分析していこうと思う

先発メンバーとシステム

西野ジャパンは既知の報道通りいわゆるサンフレッチェ型やコンテ形などと呼ばれる3-4-3のシステムを使ってきた

先発メンバーは以下の通り

最終ラインおよび中盤の人選はある程度予測できる範疇だったため割愛するが、まず特筆すべきは右ウィングバックに酒井宏樹ではなく原口を起用してきた点だろう

これにはテストの意味合いが大きいと思われるが本戦でもこの起用法を続けるとすれば特に守備面において少々不安が残る内容だった

その点は後ほど触れるとして前線に話を移そう

西野式3トップでは最前線に大迫を配置しウィングではなく2シャドーのような形で本田、宇佐美を並べる形を使用

ただこの3名に関しても上手くかみ合っていない、と言うよりは各々の実力を最大限発揮しきれていないように感じた

その理由についても後に述べていこう

前半戦

あいにくの雨の中のキックオフとなった新生西野ジャパンだが前半戦である程度やりたいことが分かった方も多いのではないだろうか

簡単に言えば守備時5-4-3攻撃時3-4-3の可変システムで攻守両面においてできるだけ数的優位を作りながら戦っていくという形だったように思う

5-4-1の守備

それでは守備の方から詳しく掘り下げていくが図に表すと下のような布陣だった

このシステムの場合中盤の人数が少ないことからあまり前から守備には行かず基本的にパスが出てきたところを囲んで奪いに行くという守備陣形だった

恐らくガーナのスピードを活かさせないためにスペースを消したという意図もあるだろう

しかしこれだけしっかりとブロックを作っていれば問題ないというわけでもない

ハイプレスをかけないという事はロングボールやサイドチェンジのボールが通しやすいという事でもある

上記の画像のように守備陣形と逆側のサイドへ一気にパスを通されてしまった場合サイドでウィングバックとの1対1を作られそこを突破されると数的優位を作られてしまう

サイドチェンジ→1対1でのサイド突破→クロスボールというパターンはどのシステムにおいても有効な攻撃だが3-4-3の場合ハイプレスをかけにくいためこの弱点がより浮き彫りになっていると言える

それに加えてこの試合においては右ウィングバックが原口だったため抑えきることができずサイドで振り切られるシーンが何度かあった

今回は致命傷になることはなかったが本戦でも同様の起用をするのであれば対戦するチームは当然狙ってくるだろう

この点が原口の右ウィングバックを不安視している理由だ

では海外の強豪クラブで3バックを使用しているチームはどのようにしてこの弱点を解決しているのか

これにはウィングバックおよび中盤にカバーリングや運動量に長けた選手を配置することで多少無理にでも前からいく方法守備時に4-4-2に変更し前線に2枚置くことでロングボールを封じるといった策があるがそれに関してはまた違う記事で詳しく記述したいと思う

本戦でも5-4-1の守備陣形を組むのかはわからないがこの弱点を解決しなければ勝ち上がることは難しいだろう

3-4-3の攻撃

さて攻撃に話を移すが図に表すと下のような形だ

ボールサイドに大島が寄っていきビルドアップを助けながら3-4-3の長所であるフリーになりやすい逆サイドのウィングバックへサイドチェンジのボールを送りこみ本田、宇佐美がバイタルエリアを中心にかなり流動的に動き回りつつゴールを狙っていくという形

しかし中々決定的なシーンにまで持っていけない

それはシンプルに技術不足というのもあると思うが選手同士のかみ合いの問題もあるだろう

そこで印象に残ってしまったのが大迫だ

ハリル政権時には持ち前のポストプレーでチームの大黒柱だったがこの試合では非常に存在感が薄かった

それはなぜか?

2シャドーの2名が中央でプレーする上にサイドにも飛び出さないため大迫自身がサイドでボールを引き出さざるを得ず自慢のポストプレーが出せなかったからだ

ただこれは裏抜けをしないシャドーが悪いわけではなく選手のかみ合わせが悪いのにも関わらずこういった起用をした監督の問題

宇佐美や本田はボールに触っていた方が真価を発揮するプレーヤーなわけで裏へ飛び出させたと言ってうまく機能したとは限らない

本戦でのアクシデントなどを見越してあえて相性の悪いメンバーで挑んだという事も考えられるが疑問の残る起用だった

それに加えてこの攻撃の弱点がもう一つ

中盤でのビルドアップを大島1人に頼り切っているおかげで彼を抑え込まれると組み立てが非常に難しくなるという点

正直この試合の山口の出来はかなり悪く攻守にわたり存在感が薄い上にミスも頻発していた

それもあってか攻撃の際中盤で大島にビルドアップを頼らざるを得ず彼にマンマークを付けられ激しくチャージされれば一気に攻撃の手を失ってしまう事になる

ケガで離脱した青山が恋しくなるような問題点だがここを本戦で当たってくるチームは当然突いてくるだろう

山口を起用する際のビルドアップの改善点にも期待したい

後半戦

後半戦は割と早い段階で選手交代をフルに使い陣形も大きく変えてきた

それが下記の図だ

武藤→大迫、宇佐美→香川、山口→柴崎、本田→岡崎、原口→酒井高、長谷部→井手口

このような形で選手を入れ替えてきた

中盤にテクニシャンをずらっと並べるジーコジャパンを彷彿とさせる布陣だがこれもイマイチ機能したわけではない

 

上記の画像のように岡崎にレスターでやっているような1.5列目のような位置でポストプレーをさせてそこに柴崎や大島らからボールが出て香川も絡んでいき武藤に裏へ抜けさせる形だったと思うが

そもそもガーナは1点リードしてかなり深く守っており裏に抜けるスペースなどほとんどなく岡崎が下りてきて低い位置でポストプレーを行っても相手ディフェンスを釣り出せずに崩しきれない状況が続いていた

こんな場面こそ大迫が必要だったのではないかと思う

大迫に高い位置で体を張ってポストプレーで起点を作ってもらい香川や武藤らがより脅威を増す位置でプレーを行ってもらう

 

上記の画像のような形にすればより攻撃に勢いが出たのではないだろうか

というかそもそも前半に武藤を出してサイドに起点を作らせて後半大迫を投入しポストプレーをやらせておけば結果は大きく変わっていたとすら思える

前述したように本戦でのアクシデントを考えてあえて相性の悪いメンバーで臨んだとも考えられるがこのプランのままでは敗退は濃厚だろう

まとめ

では現状の課題をどう解決するか

僕の考える案はこうだ

サイドでの起点を武藤、中央での起点を大迫が担当し大迫のポストプレーに武藤、岡崎が抜け出してもらいそこに香川が絡んでいくという形

長谷部のボランチ起用がやや不安の残る点だがガーナ戦での山口のパフォーマンスを見ると序列は長谷部の方が上だろう

ただ今の長谷部にボランチでのフル出場は厳しいと思われるのでここを状況に合わせて山口か柴崎に代えていく

その他にもサイドでの突破力が欲しくなれば乾や宇佐美を投入してもいいし運動量が欲しくなれば原口を入れてもいい

本田に関してはこのシステムの場合起用が難しいところだがFK要員やパスワークで相手を崩したい場合には必要な存在だろう

ガーナ戦の良いとこ取りをした起用法と言えるが2戦目ではどのような戦いを見せるのか

次戦は6月9日のスイス戦

西野監督の手腕に期待したい

[写真引用元]=Getty Images

ガーナ戦ハイライト