野球にレンタル移籍がない理由と導入した時のメリットデメリット

野球にレンタル移籍がない理由と導入した時のメリットデメリット

選手の移籍後にも応援歌を引き継いでほしい男、

づんづんです

今回はなぜサッカー界にはあるのに日本のプロ野球界にレンタル移籍は存在しないのか

今後生まれる可能性はあるのか考えていきたいと思います

僕のツイッターはこちら→@zunzunblog

レンタル移籍

サッカー界では当たり前となっているレンタル移籍ですが

野球界には存在していません

これは2つのスポーツの移籍関係において

最も大きな違いですよね

ではなぜ野球界には存在しないのか

というかなぜサッカー界にはレンタル移籍があるのか

そこから紐解いていきたいと思います

年間で行う試合数と1試合で出場できる選手数の違い

野球は年間で1チームあたり143試合+プレーオフも行うのに対して

サッカー界では試合数が多いクラブでも年間で50試合ほど

さらに野球は1試合で1軍にベンチ入り登録している25人全員を出場させることができますが

サッカーでは基本的にスタメンの11人+交代枠3人の計14名までしか出場できません

これを踏まえて選手の出場枠を年間で計算すると野球は143×25=3575枠になります

これに対してサッカーは50×14=700枠と5分の1以下の出場枠となるわけです

野球はサッカーに比べて1チームの抱える選手数が倍以上多いという点を差し引いても差は歴然としています

そのためサッカー界では各地にクラブを数多く作り1日に行う試合数そのものを増やした上で

選手に適切に出場機会を与えるためレンタル移籍を導入しているわけです

野球界ではすでにある程度選手を出場させるチャンスが設けられていると言えるんですね

1チーム(クラブ)当たりの出場選手枠の違い

3部リーグ制と2軍制

野球界は12チームがそれぞれ2軍を保有しているのに対して

Jリーグでは一部のビッククラブを除いて保有しておらず

J1、J2、J3と3部リーグ制となっています

このためサッカー界には昇格、降格が存在します

するとJ1下位のクラブが降格争いを勝ち抜くために上位のクラブの控えをレンタルしたり

昇格したいJ2のクラブがJ1からくすぶってる若手や衰えてきたベテランをレンタルしたりと

各チームに明確な上下関係があるためステップアップ、ダウンという形でレンタル含めて移籍が活発です

その点を比べると野球界にもチーム間で戦力差は存在しているものの上下関係が曖昧なため移籍が活発化されないまま常態化しているのが現状です

チーム間の上下関係が明確

野球界にレンタル移籍が導入されたら?

さて野球界にレンタル移籍が導入された場合

どのようなことが起こるか考えていきましょう

メリットとしては移籍が活発化することで

選手の活躍のチャンスが増える点に尽きますよね

他には新ルール導入で野球界の注目度も増すでしょうし

新加入選手のグッズが発売されて売り上げが伸びる…とかですかね

でも一番気になるのはデメリットですよね

これも大きく分けて2つ存在すると思います

下位でも生え抜き選手を育てる

外様の選手より生え抜き選手が活躍してくれる方が嬉しいのがファンというもの

チーム内にはそういった考えのスタッフもいるかもしれません

しかし実力のある選手がレンタルで取れれば

監督はその選手を使わざるを得ません

ただ生え抜き外様問題は現状の移籍でも起きていること

レンタル移籍では選手が最終的に元のチームに戻ってしまうので敵チームに経験を積ませた選手を返すくらいなら

下位に甘んじてでも生え抜きの若手を育てるというケースが起こりえます

ただそのあたりは買い取りオプションなどの条件を付ければいい話ですから

絶対に無理というわけでもありません

選手が酷使される

これは特に投手で心配される点です

そりゃレンタルの選手ならケガしても使い捨てできるし…

という考え方は生まれかねません

しかしこれも球団同士の取り決めで

イニング制限や登板数制限を付ければ問題ないはずです

正直レンタル移籍によるデメリットって

球団同士の契約次第でほぼ解決できると思うんですよね

あとはサインなどの機密情報が洩れるという話しも耳にしますが

それが本当ならシーズン中にトレードなんて起こりませんし

そもそもサインなんてばれないようにコロコロ変えてます

ただ僕が野球界に感じるおかしなポイントは

レンタル移籍がないことだけじゃないんです

契約違約金を支払っても退団できない

本質的におかしなポイントはこれだと思います

球団が選手を金銭トレードで移籍させるのは良いのに選手側から移籍リクエストを出せない

というのはどう考えてもフェアではありません

そもそもトレードを選手側がほぼ断れないというのもおかしな話です

FA権を取得すれば自由にはなりますが

最短でも8年間かかりますからね

最悪オフの契約更改でゴネて調停に持っていくという手もありますが

球団、ファンの印象は相当悪くなりますし

それが最終手段となっている今の状態はやっぱり変だと思うんですよね

まとめ

結局レンタル移籍を野球でもやってほしいというお話でした

正直言うと我がホークスの2軍見ると他の球団に行けば

1軍でバリバリやれるんじゃないかと思う選手がたくさんいるんですよね

彼らにもチャンスを与えてほしいというのが本音です

それに素質を持っている選手に

より多くチャンスが与えられるというのは大事だと思うんですよね

NPBさん期待しています

僕のツイッターはこちら→@zunzunblog

[写真引用元]=Getty Images