ホークスの応援がダサい!?鷹ファンだからこそ思う3つの理由と改善点

ホークスの応援がダサい!?鷹ファンだからこそ思う3つの理由と改善点

ヤフオクドームでも鷹の道をやってほしい男、づんづんです

今回はホークスの応援歌について考えていきたいと思います

ツイッターでは最新記事を随時更新→@zunzunblog

ホークスの応援歌は本当にダサいのか

はい!ダサいです!

いやもう僕もホークスファンだからこそ言わせてもらいますがホントにダサいです

ライトスタンドに観戦に行くたびにビジターの応援団に目をやりながら

ああ、なんとかっこいい応援歌なんだ…とほれぼれしております

いやね?全部が全部ダサいと言われればそうでもないとは思うんです

実際僕も上林とか釜元の応援歌とかはめちゃくちゃ好きです

松中とか城島とかのダイエー時代のやつもめっちゃ好きでした

しかし!12球団で一番応援がダサい球団はどこですかと聞かれたら多くの人が食い気味にホークスと答えると思います(僕の周りでは自分を含めて100%)

ではなぜダサいのか?

応援がかっこいいと言われる他球団と比較もしながら考えていきたいと思います

理由①選手が主力になる前から応援曲を作ってる

ホークスは優しい球団なので選手たちが1軍で活躍する前から応援歌を作ってます!

なんと素晴らしい球団なのでしょうか!

さてここで今年33歳になるホークス1筋の外野手、江川智晃選手の応援歌を見てみましょう!

どんな球も 喰らいつく 若き戦士 磨きかけて 立ち向かえ 全力でひたむきに

はい、こういうことが起きてしまうのです

33歳が若き戦士と呼ばれ続けられるのです

他にも真砂選手の応援歌なんかは

夜空に羽ばたいた 未来の三冠王 高く遠く空に輝く星になれ

これもう真砂選手が三冠王取れないって言ってるようなもんですからね

ホントに三冠王取っちゃったらどうすんだと

そこに来て応援歌を変えるのかと

今や日本代表にも選ばれる甲斐選手の応援歌も

巡ったチャンスを その手で掴みとれ 拓也今ここで 見せてやれ

とまあ、育成から上がってきた選手がまさかここまで成長するなんて思ってもいない感じがビンビンに伝わってくる歌詞ですよね

他球団なんかはある程度主力になって来てから応援曲を作っているので選手の名前を入れていたり個性を上手く歌詞で表していることが多いです

づんづん
づんづん
移籍してきた内川でさえ微妙だよね!

最近で言うと吉田正尚選手の応援歌も境地バージョンもめっちゃかっこいいですし日ハムの西川選手とかも選手の特徴と名前を上手く組み合わせて作ってますよね

その点でホークスは汎用応援歌といっても違和感のない応援歌が多すぎるんですよね…

・活躍してから作れ

・名前とかもじって入れろ

・内川のやつは横浜時代のでええやん

理由②応援歌作りすぎ

1つ目の理由と重なる部分もあるんですがホークスはルーキーにも応援歌を作る上に投手にも個別の応援歌を作ってるんです

ひょっとしたらホークスファンでもこれは知らない人がいるかもしれません

なぜなら現地観戦に行ってもほとんどの人が歌っていない上にビジョンに歌詞も出てこないから…

づんづん
づんづん
真面目に歌ってる人がむしろ浮いてて可哀想だよ!

その数なんと28個

1軍登録人数と同じくらいの数の投手応援歌を作っているんです、誰も歌ってないのに!

ただでさえ野手の応援歌がが多くてレパートリーも乏しいのに全くと言っていいほど需要の無い投手の応援歌まで作るくらいならば!

もうそんなもの廃止して野手の応援歌1つ1つの質を高めろと!

もっと差別化された個性のあるものを作れと!僕は言いたいわけですよ

・投手の応援歌いらん

・野手のも作りすぎ

・そもそも覚えるのも大変やぞ

ただ投手の応援歌を廃止し、選手が活躍し始めてから応援歌を作ったところでどうせ偏ったものばかりになる気がするんです

ホークスの応援の諸悪の根源ともいえる存在

それが…